4Cはダイヤモンドの国際的な広く使われている品質の評価方法です。

ダイヤモンド鑑定について

品質の評価方法 4C

ダイヤモンドの品質を評価する際には4Cという国際的に制定された品質の評価方法を用います。4CのCは以下の4つの言葉の頭文字に由来します。



鑑定書には、対象のダイヤモンドが、4Cそれぞれの項目に対してどのくらいの評価なのか、が記載されています。4Cのグレードが高いほど希少で品質の高い「いいダイヤモンド」になります。

Carat(カラット:重量-Weight)

ダイヤモンドの重さ(Weight)を表す[ct]… 数値+ct

ダイヤモンドの重量を表す単位としてCarat(カラット=ct)が用いられます。
正式表記としては小数点第3位までの1ct=1.000ct表します。(当サイトでは分かりやすく通常表記を用いています。)
1ctは0.2g(グラム)です。カラット数が大きいほど重量の重い大きなダイヤモンドとなり、希少性が高くなることから1ctの単価も準じて高くなります。

ダイヤモンドの直径

ダイヤモンドの直径は丸、四角、ハートなどのシェイプによって変わってきます。
以下は最もポピュラーなシェイプであるラウンド・ブリリアントカットのカラット別直径です。同一カラット数の場合、より直径の大きい物の方に高い評価が与えられます。

カラット数 0.1ct 0.15ct 0.2ct 0.25ct 0.3ct 0.4ct 0.5ct
直径mm 約3.0mm 約3.4mm 約3.8mm 約4.1mm 約4.3mm 約4.8mm 約5.2mm
カラット数 0.65ct 0.7ct 0.85ct 1.00ct 1.50ct 2.00ct 2.50ct
直径mm 約5.6mm 約5.8mm 約6.2mm 約6.5mm 約7.4mm 約8.2mm 約9.0mm

Color Grade(カラー:透明度)

ダイヤモンドの透明度を表すカラー評価 … D〜Zで評価

[ノーマルカラーダイヤ]
カラー評価はダイヤモンドの透明度を等級で表します。無色透明なものから薄い黄色味がかったものまでD〜Zの表記が与えられます。アルファベットが若いほど透明性が高いもので評価も高くなり、Zに近くなるほど黄色味が増しダイヤとしての評価が低くなります。


[ファンシーカラーダイヤ]
黄色以外(ブルーやオレンジ、レッド、グリーン、ピンク、紫など)の色味のあるものはファンシーカラーダイヤと呼ばれます。ファンシーカラーダイヤはノーマルカラーの鑑定対象から外れる為、4CのColor評価方式で評価されることはありません。希少性の高い物は高額で取り引きされます。

蛍光性[Fluorescence]

ダイヤモンドを個性を表すものの一つに蛍光性があります。長波の紫外線を天然ダイヤモンドに当てると蛍光色を帯び発色する物があります。(ちなみに人工ダイヤモンドはほとんど発色しません。)この蛍光色の発色の度合いを表すのが蛍光性です。発色にはブルーが一番多く、レッドやグリーン、イエロー等もあります。蛍光性のある物は天然ダイヤモンドの証しであり、個々のダイヤモンドの持つ個性とも考えることができますが、蛍光性が強すぎるとクラリティ・グレードやカラー・グレードに大きく悪影響を与える場合があります。

Clarity Grade(クラリティ:ダイヤモンドの内・外部状態)

クラリティ評価 … FL〜I3で評価(GIA)

天然のダイヤモンド内部には必ずと言っていいほどインクルージョン=包含物が混じっています。(包含物のない物をFL=フローレスダイヤといいます。)この内部状態はそのダイヤの特徴をも表します。クラリティは石を暗視野照明下で10倍に拡大して、この内容物の数や大きさ、位置などを専門家が鑑定、評価するもので、これらがが少ないほど評価としては高くなります。評価は10倍ズームでの判定ですので肉眼で見るのとは印象が違ってきますが、VS2以上の等級であれば概ね問題は無いはずです。石によりSI2のものでも十分な場合もあります。

ブレミッシュ[Blemish]

ブレミッシュはダイヤモンドの表面にある研磨跡や傷、穴や欠けなどの外部状態を表します。

Cut Grade(カット:プロポーションとフィニッシュの評価)

カット・グレード(Cut Grade ) … プロポーションとフィニッシュを総合的に評価

カット・グレードはダイヤが理想的にカットされているかを評価する項目です。カラット、クラリティ、カラーは自然が生み出したものへの評価ですが、カットは唯一人間の技術力を評価するものとなります。評価対象はおよそ0.1ct以上のラウンド・ブリリアントカットのダイヤのみとなり、最終的な評価は熟練の鑑定士が肉眼で行います。3Excellentが最高評価で以下Poorに近づく程評価が下がります。

プロポーション(Proportion)… 理想形にどれだか近いか

ダイヤの輝きはプロポーション(ダイヤモンドの深さやガードルの厚さ、テーブル径やファセットの角度)で決まります。いくら素材が良くても、プロポーションが悪ければ輝きが落ちてしまいます。マルセル・トルコフスキーが最も理想的なプロポーション(アイデアル・カット)を算出した以後、その理想形にどれほど近いカットがされていかが評価されます。

フィニッシュ(Finish)… 仕上げの状態

フィニッシュはポリッシュ(表面の研磨状態)とシンメトリー(対称性)に分けて鑑定します。


[ポリッシュ]… 表面の研磨状態
カットされたダイヤモンドの仕上がり状態を見ます。引っかき傷や打ち傷、研磨傷などの有無や程度をチェックします。


[シンメトリー]… 対称性
カットや研磨状態が対称に成されているかどうかをチェックします。

ブレミッシュ[Blemish]

ブレミッシュはダイヤモンドの表面にある研磨跡や傷や穴、欠けなどの外部状態を表します。

  • ダイヤのジュエリー、ルース
  • 1ct以上はさらに査定額アップ
  • 選べる4つの査定方法